【産婦人科は男性の味方?】男性不妊の原因とは

男性にも原因がある!?夫婦で産婦人科を訪れてみよう

日本中での男性不妊の割合

あるデータによると、日本中の不妊治療をしている夫婦で女性に問題がある割合が約40%、男性に問題がある割合が約25%、男女に問題がある場合の割合が約25%となっています。そのため、男性が必ずしも無関係であるということはないのです。また、男の子と女の子の違いについても記載していますので、参考にしてみて下さい。

【意外と気になる?】男の子と女の子の違い!

男の子の場合

・骨格がしっかりしていて、ずっしりしている
・体を動かしたいのでじっとできない

女の子の場合

・体が柔らかく、軽く感じる
・世話好きで、親のマネをすることが多い

【産婦人科は男性の味方?】男性不妊の原因とは

医者と看護師

男性不妊の原因とは?

妊娠しにくい男性の特徴というのは精子に問題がある場合が多く、「乏精子症」や「無精子症」という症状があります。その中でも乏精子症が原因となるケースがかなりたくさんあるそうです。どういった症状かというと精子の数が少ないというものです。どうしても年齢とともに精子も老化してしまい、力が弱まってしまいます。精子の老化はタバコ、過度な飲酒、食生活などが主な原因とされています。

医者

主な不妊治療の内容

治療には精子の数や運動率、染色体からホルモンの検査などを行うことから始まります。自分の体の状態としっかり向き合うことで明るい未来が見えてくるのです。また不妊治療を鍼灸院で行える「不妊鍼灸」というのがあります。産婦人科医と提携して行っている鍼灸院もあるため、夫婦で一緒に通うことも可能です。大阪にもたくさんの不妊鍼灸ができる医院があるので悩んだら即相談しましょう。

不妊治療はマイナスなイメージじゃない!

男性の多くが不妊治療に通うことは恥ずかしいというイメージがあると言われています。でも不妊治療というのは、新しい命を授かるための治療です。しっかりと受けることで明るい未来が待っていますよ。川崎でまだ産婦人科に行ったことがないという方もこの機会に夫婦で行ってみて下さい。